カノッサ修道女会の聖人 聖ジュゼッピーナ・バキータ

人権保護の聖人 聖ジュゼッピーナ・バキータ

1868 スーダン、ダルフールに生まれる
1875 誘拐される(当時7歳)奴隷として生き、5度売買される
1884 イタリア領事の手に渡り、自由の身に、渡伊
1893 入会
1947 帰天
2000 列聖

ジュゼッピーナ・バキータは1869年、アフリカのスーダン西部、南ダルフール、オルゴッサに生まれました。 苦しみとは、どんなものかも知らない幸せな生活をしていましたが、7歳のころアラビア人にさらわれ、その後奴隷商人に売り飛ばされ辛酸をなめます。 13年に及ぶ奴隷生活の後、自由の身となった彼女はそれでも誘拐した人たちに感謝しました。「あのことがなかったら、私は今、キリスト者でも修道女でもないからです。」

ストーリー

画でみる軌跡

聖バキータの霊性

近年高まる聖バキータへの関心。         修道会とどうして出会ったのでしょうか?修道会ではどんな生活を送っていたのでしょう。 聖人の人生と霊性を追います。

もっと知りたい

奴隷の保護者として

世界では、いまでも人身売買が行われており。支援と保護を必要としている方々がいます。日本や世界に支援と保護を必要としている方々がいます。タリタクムの活動を通し、まずはその状況を知ることから始めませんか。No human trafficking!

もっと知りたい

巡礼

人気の巡礼地である、イタリア・スキオの街にある聖バキータ修道院を訪ねましょう。さあ、オンライン巡礼のスタートです!

もっと知りたい

アート

聖バキータを題材に書かれたアートをご紹介。聖霊を通して彼女が私たちに与えてくださる活力と、優しさを味わいましょう。

もっと知りたい

聖マダレナの言葉

言葉を味わいながら、霊性を知る“モンテバルドの空気” ペン先…唇から、いつも溢れる豊かな表現を、マダレナは地元の山に例えてこう名付けました。希望と、慰めとなる彼女の言葉を味わいましょう。

もっと知りたい

聖バキータ
イベント
ボランティア
修道会のミッション